空を歩く

いとしい闇

内にあるあの激しさよ
融かされることを待つ数々のカルマよ

光があたった
闇よ

安らかに

いとしい闇よ

黙々と石炭をくべる
機関士のように
その黒光りする固まりを燃やそう

闇が知って
なんと
喜んでいる

待っていたのか
幾万 幾億の歳月を

還ってゆく
“わたし”を通って

列をなして
そらに抱かれて
c0054168_18595349.jpg

[PR]
by ben-chicchan | 2005-05-19 18:59 |
<< かみさま 会いたい >>