空を歩く

竜に会いたい、と思った。

どうしてか懐かしいと思った
すると突然思い出した
ルシファーが落ちた時、その場にいた
引き裂かれるように哀しかった

泣いた

落ちた魂の片割れを探して
自分の出所も忘れて
ここへ生まれた

引き裂かれたものは
ひとつになるためにある
竜がその時いたのか?
それともわれわれが竜なのか?

真実は神話として
語り継がれるしか今はない
三次元の檻の中で
異次元のファンタジアとして奏でられる
c0054168_17384911.jpg

[PR]
by ben-chicchan | 2006-09-14 17:42 |
<< 鈴木銀河店 ルシファー >>