空を歩く

<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

GIFT《2:樹》〜マヤ紀行2001〜

 翌日は他のツアーとキャラバンを組んでなかなか行けないボナンパックとヤシュチランという遺跡へ行く。ヤシュチランは舟でしか行けない遺跡で、ずいぶん凝ったツアーだ。
 車中から朝日を拝みながら、しばらく走ってようやく朝ごはんの食べられるローカルレストランに着いた。外の空気の中で、木のテーブルで食べるバイキング。小さいが気持ちのいい店。それがなかなかおいしくて、スクランブルエッグやフルーツの生ジュースなど、どれもごきげんだった。
 片づけに来てくれた10代くらいの現地の女の子は、それ以上に新鮮で純真なはにかんだいい笑顔を見せた。それはあとあとまで尾を引くハッとする笑顔だった。
 もう思い出せないくらい前にしか見たことがないような、曇りのないたましいがこぼれていた。
 
 そこからまたごんごん走ってボナンパックへ。そこはある部族が管理していて、彼等の車に乗り換える。普通の(というか日本ではあまり見かけないワイルドな)乗用車2台に分乗し、未舗装の道を砂ぼこりを巻き上げながら10分くらい行ってゲート。運転手が自分でそこを開けて中へ。そこからはすぐで、歩いていく。
 にわとりや七面鳥のような鳥がひなとともにのんびり歩き回り、小さな建物がいくつか建っているのどかな空間を抜けると、ただ切り開いて地面を平らにしたといったような細長い土地があった。丁度飛行機が着陸するのにいい大きさで、“飛行場”なのかもしれない。
 そこを横切ると左右に3mくらいの石のオベリスクが並んでいて、入り口らしいとわかる。入るとすぐにまるでマヤの壁画から抜け出たような女性や女の子たちがアクセサリーを広げて売っていた。
 何の気なしにのぞくと、小さなひもで出来たミサンガのようなブレスレットが目についた。遺跡に行くのだし、魔除けにブレスレットが欲しいと前から思っていたが、これまでちょうどいいのがなかった。記念にもなるしひとつ買うかと値段をきいた。
 その時、ふと、端の方に針金のようなものを細工したうずまき型のブレスレットがあるのに気がついた。ひもはやめてそれを手にした。邪魔にならない感じで気に入ってそっちにした。あとで同じツアーのHさんが、そのうずまきは“水”を意味していると教えてくれた。
 ますます気に入ってそれから寝る時もずっとしていた。

 ボナンパックはこじんまりとその先にひらけていた。
 入り口から続く道を抜けてわたしの目にまず飛び込んできたのは1本の大きな樹だった。その樹は印象的なつるんとした感じの茶色い木肌で、そんな樹は他になく、その空間でひときわ目立っていた。
 うつくしく天に向かってひらいている枝は気持ちよくすうっと伸びていて、わたしを一目でとりこにした。遺跡に来ているのにその樹ばかり目で追った。

 遺跡にとりつくと階段を少し登って壁画をのぞく。なかなかスゴイ壁画らしい。全部で4室。これ以上の傷みをくいとめるため、そこに入れるのは3人までと決まっていた。待っている間、振り返ってあの樹を見下ろした。つくづくほれぼれする。
 あの樹のおかげでここの空間はとてもあかるく気持ちのいい場所になっている。そんな気さえした。ここは小規模で壁画を見終えると階段を降りて戻り始めた。
 当然のように現地ガイドのKさんはまっすぐその樹に向かって歩いて行った。
 やはりいい樹らしい。みんなで群がって樹に触れる。
「セイバの樹だ。」とKさんが言ったと聞いて、わたしは細胞が沸いた。
 わたしがマヤに来ることになった大きな後押しのひとつとなったのが“セイバの樹”だったからだ。

 このツアーのことを知ったあと、TVでマヤの末裔の現在についてのドキュメンタリーがあるのに気がついて見ていた時のことだった。末裔達の厳しい歴史を目の当たりにする中で、マヤの町の中心には必ず1本のセイバの樹が植えられるとナレーションが入ってその映像が映った。
『天と地をつなぎ、町を守っている。』そんなような解説だった。
 見ていたわたしはみるみるうちに熱いものが込み上げ、ボーゼンとTVの前で涙流れるままその樹を見つめた。そのあとTVでなんと言っていたかは聞こえなかった。
 これはただの風景の一部といったような気休めのような表面上のシンボル・ツリーではない、と感じた。
 “ほんとうに”天と地をつないで町を包み込み、守っている。
 そのことがわたしのしんにガビンときて、熱いものが滂沱と流れ落ちてしまったのだ。嗚咽するように泣けてきた。じぶんでも不思議なくらい感じ、動じていた。
 その樹は神を通し、神を宿し、神そのものでもあるようだ。そしてそれはこのうえなく清浄で慈愛に満ちている。そのことに感応したのだろう。驚いた。こんな涙は経験したことがなかった。
 セイバの樹のそばに立ちたい、と想った。そんなことがあった。
 もっとも後日談としてその樹は実はセイバの樹ではなかったのだが、それに劣らず素晴らしい樹には違いなかった。
(ほんもののセイバの樹にはこののち出会うこととなる。写真は実際のセイバの樹。)
                                《3》へつづく
c0054168_1973365.jpg

[PR]
by ben-chicchan | 2005-09-27 19:56 | 紀行文

GIFT《1:星》〜マヤ紀行2001〜

                              2001.3.16〜27

 マヤへ行こうと思い立ったのは始めは小さな火花だった。
 でもその火花はいつも実現している例のやつだったので、行くことになることは確信していた。けれども成田に赴くまでにこんなにいろいろあった“実現”もかつてなかった。金銭的問題、健康問題。本来ならば止めるのが当然という状況だった。常識的オトナはこんなことしない。けれどもわたしの奥の表面的わたしでないところがどうしてもゆずらず、考えることを止め、ゆだねることで機上の人となることができた。

 長時間のフライト。ほとんど寝た気がしなかったが、目を閉じていたあるほんの一瞬、まぶたの裏にクリスタルがキラキラキラッと7色に光るのがみえた。とてもうつくしいのにちょっとハッとして、印象に残った。
 マヤン・オラクル(マヤの神託)という本にはわたしを象徴するものが意味はわからないが“クリスタルの飛翔”とある。なにか関係があるのだろうか?
 ロサンゼルスで乗り継ぎ、メキシコシティーに向かう。メキシコシティーの空港はなんだか“上野駅”という印象だった。“東京駅”ではないのだ。親しみが湧く・・。
 
 翌朝早く国内線飛行機にてビシャエルモサ空港へフライト。そこへ向かう飛行機の窓からはメキシコの大地を堪能。
 メキシコシティーは想像以上に大きい街でひろびろとひらけており、それを取り囲む山はうつくしく、やすらぎを感じさせられた。街を抜けると山々の連なりに薄い霧のような雲がたなびきそこに朝日がサアーッと差し込んで幻想的な光景が広がってきた。その先は見事なまでの地平線にまで渡る雲海。
 雲海との境目ははっきりしていてそこが標高ががくんと下がる端で、メキシコシティーが台地のような高原であることがわかった。
 飛行機というものをほんとにスゴイと思うのは、それが早く目的地に着けるということよりも、この天使か神様に近い視野を得られることじゃないかとさえ思う。それって奇跡のひとつじゃないだろうか。この光景を人が手にしたのはものすごいことなのだということに、もっと気づいてもよさそうなものだといつも思う。

 さて、素晴らしいフライトを終えて飛行機は南国の花咲き競うビシャエルモサ空港へと滑り込む。タラップに一歩出るとムッとした熱帯の空気に包まれた。いろいろな花のにおいの混じった湿り気のある少し重みのある空気。
 用意されたツアー11人乗りのワゴン車に乗り込んで、第1番目の遺跡、パレンケへと向かう。パレンケはマヤの重要な情報(パカル王の石棺の蓋)が見つかった遺跡だから第1番目にたしかにふさわしいのかもしれない。こうしてこのツアーの蓋もひらかれたのだ。

 パレンケまでは空港からけっこう走る。それがどこまで行ってもまっすぐな道で、景色もどれだけ走っても大きく変わらなかった。時折牛や馬が放たれている草原、ところどころ椰子のような木の混じる樹々。緑のなだらかな丘が続き、わたしは自分が今住んでいる北総台地を彷佛とした。建物も電柱もない緑の大地。
(きっとあそこも縄文の頃はこんな風景だったかな・・いや、江戸時代でもこうだったかな・・)
 豊かだ。なにもないというのはとてもたくさんある。
 こんな光景はなんだかうきうきした。ちっともたいくつしなかった。
 ずいぶん走ってから、初めて右折した。
 やっとパレンケの看板が出た。なんて分かりやすい道順かと感心した。わたしがいきなりひとりで来て運転しても迷わず行けそうだと思うくらい。
 そしていよいよ初めてのマヤの遺跡と御対面、だ。

 車から降りて熱い空気の中遺跡へ向かう。
 あまり距離はなく、すぐに緑を背後に背負った石の壁が目に入ってきた。
 木立を抜けるとそそり立つように遺跡は迫ってくる。
 日本の神社・仏閣で感じるような“気”は感じないが、近づくとまっすぐ立っていられないような圧迫感を感じた。上半身が遺跡と反対の方へななめに傾くような威圧感だ。きれいに整備され芝生も植えられ観光客がそぞろ歩くここはまるで公園のような風情だが、いまも圧倒する存在感はやはり現存する聖域でもある。
 パカル王の神殿から奥の遺跡へ。そこの一番奥のひらけたところの人間の7つだかの悪が裁かれる場というところはちょっと印象に残った。
 思い上がりだとか、自分にも多々ありそうでなくならないいろいろ。いざ裁かれるとしたら恥ずかしい。しかし、それが昔から今に伝わる困ったものであるということは、ひとの性質がそうは変わっていないということを思い起こさせる。
 しかし、すこし高くなっているそこから眺める遠方の景色は、そんなことも忘れさせる明るさだった。そこからさらに上の方に登ったところにまたいくつか遺跡がある。
 見上げるばかりのここでは一番大きいものに登った。
 息も切れ切れにたどりついたそこは素晴らしい眺望!遠景の緑の大地はずいぶん下方にひろがっており、ここがけっこうな標高であることに気づかされた。
 それにしてものっけから“どこまでもひろがる”という風景にいくつか出会っていると、ここが惑星(ほし)であることを思い出すのに充分いい。
                                《2》へつづく
[PR]
by ben-chicchan | 2005-09-26 19:51 | 紀行文

宝石(21歳で逝ったアイへ)

ひょとこんと座っている
しまもようの宝石

うまれて
であって
あたたかい

どんな
なによりも
c0054168_15461510.jpg

[PR]
by ben-chicchan | 2005-09-13 15:49 |

グッバイ・エンジェル

サヨナラという時
キミがそこにいたことがわかる

サヨナラといわせてくれて
ありがとう

まだ
そこにいることもわかってる

知らずに悪態をついてきたね
ひとりでたいへんなようにふるまって
キミ、笑ってた

どんなにみにくくとも
キミははなれなかった

どんなに最低でも
キミは可笑し気に笑ってた

サヨナラという時
わかるよ

こんどはだれかの天使になるよ
キミがしてくれたこと
伝えるよ




c0054168_105889.jpg
[PR]
by ben-chicchan | 2005-09-09 16:28 |