空を歩く

<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

エンジェル・フライ*6〜ドーナツ*

「わたしはあのピンク色のチョコののったやつね。」
フラウのいうそれと、自分のとをトレイにのせて
ほおづえをついてニコニコ手を振って待っているフラウのところへ運んだ。
「あっ、やだ、それもいい!半分コする?」
マオの選んだブラウンシュガーのドーナツにも狂喜している。
(わっかだからかな?こんなにはしゃぐの・・)
マオはあきれながらフラウに聞いた。
「天使、もの、食べるの?」
マオの了解を得る前にすでに手を伸ばしたブラウンシュガーにまみれながら、
フラウは我に返ったようだった。
「ごめん。ドーナツってだめなんだ。昔アメリカの田舎で小さな家のママが作ってるの初めて見て、その家があまりにしあわせに満ちてたもんだから・・。その家は貧しくてパパも病気だったけど、子供達もパパもママもとてもしあわせだったよ。天使はしあわせに弱いんだ。ものを食べてるんじゃなくて、しあわせの記憶を食べてるの。」
「へ〜え。しあわせの記憶かあ・・。」
「フランはサイダーとゼリーが好きだよ。」
「やっぱりしあわせの記憶?」
「そうね。」
そういってドーナツをほおばるフラウの顏はほんとにうれしそうな小さな少女のようだった。
マオは久しぶりにそんなささやかなしあわせを思い出した。

「マオ!」
背中をぽんとたたかれた。
「ともだち?」
ヤエやサヤカたちがドーナツの乗ったトレイを持って立っていた。
「ああ、と、ともだち。」
「ハーフ?」
「う、うん。そんな感じ・・。」
フラウはドーナツを持ったままゴールデンスマイルを浮かべた。
みんなつられて笑った。
彼女たちは空いている奥の席へと向かっていった。
フラウは無邪気な満面の笑みで手を振り続けた。
みんな振り返りながら笑い続けた。

「驚いた。」
「なにが?」
「サヤカたちがあんな笑顔をしてるよ。」
「笑顔はうつるんだよ。しあわせはうつるんだよ。無敵。赤ちゃんは無敵でしょ?赤ちゃんが笑う時って生きていることがただうれしいから。それを見た人、笑顔がうつるでしょ?無敵の時は敵意がないから、相手にはわかるんだよ。自分が嫌われてないって。」
「サヤカのこと嫌いじゃない?」
「あたりまえじゃない。人を嫌うのは人だけだよ。」
「えっ?そうなの?」
「人と人を分けるのも、しあわせとふしあわせを分けるのも、人がつくったゲームのルールだよ。ほんとはそんなルールどこにもないけど。だからユニークだよね。おもしろいよね、人って。ジブンでふしあわせをつくって嘆いているんだよ。」
ほんとうに可笑しそうに、でもちょっと切なそうにフラウは笑った。

To be continued…
[PR]
by ben-chicchan | 2006-02-11 13:05 | story

エンジェル・フライ*5〜フラン*

フラウがふと海を見た。
その視線の先をマオも追う。
海の上を何かがやってくる。海鳥が鳴く。
銀髪の少年のようなものに見えた。
フラウはちょっと肩をすくめて息を吐くと唇の右端を上げた。
波を踏んで歩いて来るその少年らしきものは、
どうやらこちらに向かってまっすぐやってくるようだった。
「あ・・るいてる・・よ。水の上・・。」
マオの口は開いたままだった。
フラウのところまで来て呼んだ。
「フラウ。」
「きたの?相変わらず水の上が好きね。」
フラウは彼としゃべっている。
マオは面と向かい合ったフラウとその少年を口を開けたまま交互に見比べた。
フラウはマオを見た。
「フラン。わたしのツインソウル。」
フランはそっけなく相づちを打った。
「?・・おとうと?」
「うーん、わかりやすくいえば双子。別に男の子じゃないわ。わたしも女の子じゃないけど。」
「え??そうなの?・・・あの・・そういえばフランも羽根、ないね。」
「ほんとはね、けっこう羽根を仕舞った天使は多いんだよ。ここだけの話。」
フラウが急に小声でいたずらっぽくささやいた。
フランのたんたんとしたでも奥に温もりのあるグリーンの声がつづく。
「・・ツインはね、ふたりでバランスをとってる。フラウはぼくにないものを持ち、ぼくはフラウにないものを持ってる。好みも全然違う。だから片っぽだけだとツインでない天使からすればちょっと型破りなのもいるんだ。」
「ふーん・・。ね、そんなにうじゃうじゃいるもんなの?天使って・・。」
フラウは面白そうに笑った。
「人間だってあんなにうじゃうじゃいるんだもの、天使がちょっとはいたっておかしくないでしょ?どうする?これから。」
「・・フラウのセーターを買いに行こうと思うんだけど・・。」
寒空に薄い布一枚のフラウは笑った。
「じゃ、店までは消えてればいい?」
「う、うん。」
「フラン、」
フラウはフランに呼び掛けると、ふたりは消えていった。

マオは脇や後ろを時々振り返りながら幕張の駅へと向かった。
フラウが笑った。
[挙動不審だよ。]
「だって。ふたりもいるんだもん。フランとは会ったばかりでロクにしゃべってないし。落ち着かないよ。」
[じゃ、着いたら呼んで。それまで解散ね。]
「えっ?フラウ?」
もう返事はなかった。

船橋の駅ビルでセーターを見た。
色の白いフラウにはこれが似合うだろうと手に取ったのは
薄紅色のふわふわしたセーターだった。
(ほんとに呼んだら来るんだろうか?)
「フラウ?」小声でそっと呼んだ。
[・・わたしはこっちがいいかな〜。]
その先の陳列棚の萌葱色のセーターの袖が手招きしている。
「着てみる?」
[OK]
Gパンも見繕って更衣室にひとりで入った。
フラウの笑顔が鏡に映って輝いていた。
「フランは?」
「ああ、そのへんウロウロしてるわ。街は久しぶりだから物珍しいのよ。」
「フランの分買わなくていいの?」
「フランはわたしよりクールだからそういう真似はしないわ。別につめたいわけじゃないのよ。えーと、とつき・・とっつき・・」
「とっつきにくい?」
「そうそれ。気にしないで。出て来るだけまだいい方。マオにきっと興味あるのよ。」
萌葱色のセーターとGパンの支払いを済ますと、マオはそれを持ってまた更衣室に入った。
更衣室からセーターを来たフラウとマオのふたりが出て来るのを店員は不思議そうな顏で見送った。

「なんだかやっと落ち着いた。どっかでお茶する?」
マオはやっとほんとのともだちのような感覚でフラウと歩けるのでウキウキしていた。
「あっ!ね!あそこに入りたい!」
フラウがマオの腕をつかんで叫んだ。
ドーナツ屋だった。

To be continued…
[PR]
by ben-chicchan | 2006-02-03 16:55 | story