空を歩く

<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ハーティ& ダーティ〜1〜

 ハーティは町に住むりっぱなカラスです。
だけど、カラスはあんまり町では好かれていません。それはまっくろで大きなくちばしをしていてちょっとこわそうで、ゴミをあさってくらしているからです。
 でも、ハーティはほんとは気がよわくてやさしいカラスでした。
 公園のベンチにかわいい赤ちゃんがいると、そばによってうっとり見つめるのが好きでした。
 だけど、赤ちゃんのおかあさんはハーティのことをこわがって、おとうさんには石をなげられました。
 カラスはからだが大きいので、もちろんいばっているカラスも中にはいます。
 ハーティはそんなカラスたちにいじめられてもいました。
「なんだいへんなやつ。」
「こいつはほんとにカラスかい?」
「このなさけないかおをみろよ。」
「カラスの風上(かざかみ)にもおけないぜ。」
 そういってカッカッカとみんなでわらうのです。
 ときにはうっぷんばらしにくちばしでつつかれたりもしました。
 理由(りゆう)なんかありません。
 なんだかおもしろくないからつつくのです。つついたらハーティがどうするかをおもしろがってやるのです。
 ハーティはいつもにげました。
 おっかけてくるのもいましたが、それでもにげました。
 だからハーティはいつもひとりでした。
「赤ちゃんのほっぺはゆきのようにふわふわだな。そっとさわってみたいなあ。」
 さみしかったハーティは、赤ちゃんのえがおが好きでした。
 ある日、いつものようにひとりでけやきの木にとまっていると、赤いやねの小さな家のにわで赤ちゃんがないているのが目にはいりました。
「あれあれ、あんなにないているよ。だれもいないのかな、かわいそうに。」
 はねをひろげてとびたつと、赤ちゃんのないている乳母車(うばぐるま)におりました。
「やあ。どうしたの?」
 赤ちゃんはなきながらいいました。
「ひっく。ママがね、でんわにでてったきりかえってこないの。ひっく。きっとまたながいことおはなししてるんだ。だけど、ひっく。ここはおひさまがあたってあついの。だからないてるの。ひっく。」
「そっか。じゃあ、ママがかえってくるまでこうしててあげるから。」
 そういってハーティはじぶんのくろいはねをそっとひろげて赤ちゃんをひざしからまもってあげました。
「どう?」
「うん。いいね。ありがと。」
 そういって赤ちゃんはわらいました。
「きみのほっぺにちょっとだけさわってもいい?」
「いいよ。」
 ハーティはうれしそうに目をほそめてそっとくちばしを赤ちゃんにちかづけました。
 そのとき、かなきり声がしてアイロンがとんできました。
 アイロンはハーティのおなかにあたってハーティはひめいをあげてとびたちました。
 赤ちゃんは大声でなきました。
「わーん!ママ!なにするの!」
 ハーティはふらふらととんでいきました。
 ハーティが住んでいるのは古いアパートの屋上(おくじょう)です。いのちからがらようやくそこまでたどりついて、ぶかっこうな巣(す)にたおれこみました。
 おなかはいたみましたが、もっといたんだのはむねのほうでした。
 くろいひとみからなにかがポロっとこぼれました。
「どうしてこんなにむねがいたいんだろう?それにいまぼくの目からこぼれたのはなに?」
 なかまたちにいじめられたときもそんなことはあったけど、こんどのはまたもっといたかった。
「・・さみしいなあ。」
 ハーティはふかいためいきをついて目をとじ、くちばしをはねにうずめてしずかにうずくまりました。

 To be continued … 
[PR]
by ben-chicchan | 2007-04-23 18:41 | story