空を歩く

夏の王国

そびえはだかる
雲の城塞

あの向こうに名も知らぬ王
おわします

曇りを知らぬ
底抜けの晴天

王の威信を知らしめる

翼を持つ大気の白馬に引かれ
積乱の城は建立され

やがて茜の夕将軍に
解体され
天のしじまに還ってゆく

天高く雲高く涼風吹こうとも

あの雲の峰を門とした
あの夏の王国
忘られぬ
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-08-18 16:02 |

さんげの喪服

何十世紀にも渡る
さんげの喪服を
だれもかれも知らず
まとってきた

地層のようなその黒い枷は

重いがために
着ていることすら忘れ
つらくて腹を立てたりした

そうして目の前の兄弟をゆるせず
ゆるせない自らをゆるせず
さらに厚く着込んでゆく

でも待て
たった今
なにもかもをこえて
なにもかもをゆるす
源からの“許可”をえらぶなら

瞬時にこの服は真珠色となり
業は燃え
灰の香り立ち昇る

さんげすることも
ゆるすことも

ゆるやかに共存し

今ここに陽を浴びて
あたえられている

[PR]
# by ben-chicchan | 2005-08-16 09:17 |

夏の夜

杜で
奏でられる弦の音にのって
星の道のりを
たどった

150億年前にバンした水素とヘリウム
炭素となり
マグネシウムになり
DNAを抱き
あるきだす

やっと
目が
ひらかれ始めた
自分が星であること
気づき始める

はるか
星屑への道のり

たどっている
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-08-08 18:06 |

夏の午後

しばらく行方不明
犬のポーシローと
トランシーバーは持っては出たが
なにしろこっちに受信機がない

あいつは今頃
あの赤いツバのない帽子を
人の波に浮かばせて
プカプカと都会を泳いではいるだろう

いつも
夏のこんな暑い日なんかに
軒のブドウ棚の方からひょっこり
あいつは帰ってきたりした

まるで
角のタバコ屋に
行ってきたように

風鈴がなるとあいつかと思って
起き上がるクセを
直せないでいる
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-08-05 15:32 |

ふるさと

成層圏を
桃色の帯たゆたう

自転に合わせて
ゆっくりめぐる

うたをきいた
天女かもしれない

むかし、あそこに
イスラエル人も パレスチナ人も
すんでいた
テロリストもわたしもすんでいた

じゃ、またあとでね
といって地上におりた

じゃ、またあそこでね
と天にかえる時
いおう
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-06-27 18:09 |

かみさま

青い空そのものが
かみさまだ
という民がありました

かみさまとともにいたくて
窓わくも扉も
青くぬりました

空がかみさまなら
どこにいても
つつまれます

だれも
とりこぼしがありません

この星にいるかぎり
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-05-22 13:27 |

いとしい闇

内にあるあの激しさよ
融かされることを待つ数々のカルマよ

光があたった
闇よ

安らかに

いとしい闇よ

黙々と石炭をくべる
機関士のように
その黒光りする固まりを燃やそう

闇が知って
なんと
喜んでいる

待っていたのか
幾万 幾億の歳月を

還ってゆく
“わたし”を通って

列をなして
そらに抱かれて
c0054168_18595349.jpg

[PR]
# by ben-chicchan | 2005-05-19 18:59 |

会いたい

ぽくぽくと歩み
ひなたのほし草のにおいのする

そんなつぶらな
たしかな生に
会いたい
c0054168_165958.jpg

[PR]
# by ben-chicchan | 2005-05-14 16:04 |

パップー君が住んでいる小さな星*4

 いろんな木を見上げながらゆっくり歩きました。
 村から森をぬけるのですが、なかなか木によばれません。
 もう、その丘をこえると“ただそれだけのかべ”が見えてくるというそのてまえの、せせらぎまできました。すこし、かたをおとしてパップー君は思いました。
(ぼくを呼んでいる木はないんだろうか・・。)
 その時、丘の上に立つ1本のナギの木が目にはいりました。
「あっ!」
 そういってパップー君はかけだしました。
「いたいた!この木だ!ぼくの木!」
 それはいつもとおる丘にめじるしのようにはえているすてきなナギの木でした。
「そうか、これか。」
 うなずいて、大きなナギの木を見上げて、目でなぞってみました。
 大きくて大きくてとてもきれいで、そういえばうっとりするくらいです。
 パップー君はとても手のまわりきらない幹にだきつきました。目をとじてしばらくそうしていました。
 夕方の風がふいてきて、とおくにいちばん星がひかりはじめました。
 パップー君はすこしはなれてすわると、もう一度ナギの木を見上げました。いつの間にか風の音もきこえないような気がしました。
 じぶんがナギの木になって、土から水をすいあげているような気がしました。星もない黒い宇宙に、ナギの木になってうかんでいるようでした。
 気がつくとまわりも真っ暗で、星がふってくるようにまんぱいでした。
 パップー君は明るいかおで立ち上がりました。
 パップー君はこのいつも見なれていたナギの木が、パップー君のことを好いていてくれたのがはじめてわかって、とてもしあわせなきもちになったのです。
 ぼくにはこの木がいる。そして、そんな木はほんとはあちこちにいる。
 パップー君にはとてもよくそう思えて、元気よくかけだしていきました。
 星がおっかけてくるようでした。
 ふたつある月が、とてつもなく大きくぽっかりとうかんでいました。

 おわり
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-05-09 17:32 | story

永遠の白い空

みらいの空降る
マヤ色の

へんてつのない街に

古代の白い音

なぜこうも平らか
波寄せる真近に

きこえる

静けさ

遠からず時代の帳降り
すでに師走の声をきくいま

この波を超えると
この白がありますか?

ならばふるえる
ことはありませんか?
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-05-07 18:03 |