空を歩く

大和・みたまの水脈をたどる旅*2

 16:00に法隆寺駅に着いた。そこから歩いて法隆寺は20分。夢殿はさらにその一番右の奥の方だ。そこに今日の宿、大黒屋がある。昔から文人墨客が泊まったことで有名で、その窓からは夢殿の屋根が見えるということだった。思ったより距離があるその道を荷物を抱えてたどる。
 
 夢殿が見えてきた。行列まではいかないがやはりGWらしく人影が見える。ひとまず荷物を置きたくて、まっすぐ宿へ向かった。現在の夢殿の入り口は小さな門だけれど、塀を廻り込むと立派な正門のような開かずの門があり、その前はフェンスに囲まれて誰も入れない野原になっていた。そしてその正門の前にその宿はあった。
 昔の風情はなくなっているが、立地としてはやはり申し分ない宿だった。そしてそれは部屋に案内されてさらに思い知る。
 魂消た!その二階の部屋からはフェンスが見えないのでまるで夢殿の敷地の中に建っているような錯覚を覚える。これ以上ない景色が窓の外にひろがっている。カンドウこの上ない。
 宿に着いてこれほどの感動を覚えたことはかつてあったろうか。宿が古い民宿風であろうが、お風呂が狭かろうが、そんなことはどうでもよい。法隆寺に来るならここに泊まるしかない。
 
 荷物をほどいて夕刻の散歩に出た。夢殿は閉まってしまったが、周辺の町並みはこころの触毛を心地よくなぜる5月の風のようだった。夢殿から法隆寺に続く広々とした参道のような道は、まっさらな生成りの麻のような清潔感があって、電線のない空は正月のようにおだやかで底抜けにひろく明るかった。こういう空は時空を超えてしまう。今と未来といにしえがよりあわされていっぺんにここに出現する。しみてくるそのひろやかな空気を気のからだいっぱいに深呼吸した。
 それにしてもなによりも法隆寺の宝珠(こころ)である救世観音のおひざ元に一夜を過ごせるなんて、夢のようだ。翌日拝観して気がついたのだが、Kさんとゆっくりと語り合っていたその晩、救世観音はこちら側を向いてあらせられたのだった。そのことはそれだけでこころに何かが落ちる。

 朝になって、寝床で「おはよう。」を交わしてそれでもまどろんでいると、夢殿の方から一頭のいのししが歩いてくる印象がした。それは大きすぎず小さすぎず、背中には一列黒い毛が生えていて全体は茶色で横腹に白い斑点がある。いのししなのにあまり野性的な感じは受けなかった。ゆっくりと大きく蛇行しながらこっちへ向かってくる。真近まで来たように想った時目が覚めた。
 
 朝食をいただいて、8時からの開門に間に合うよう宿を出る。まだ人は他にひと組くらいだった。ちょうど門前に着いた時にきいいとその門は開かれた。一番に入ったのはわたしたちだった。
 券をもらうのももどかしく、足早に救世観音の扉へと向かう。恋い焦がれたお方にやっとお会いするような何年来の夢の実現。
 救世観音は想った通り深々と、繊細にリアルにしっとりとそこにおわす。これは、観音像ということを超えている。その名前を忘れてしまうような圧倒的なただただ深い存在感のもの、としかいいようがない。
 今想うと、そこには底知れぬ果てのない洞くつがひらけていたようでもある。洞くつといっても暗くも狭くもない。むしろ無限にひろい宇宙のようなものだ。観音像すら消えてしまっているような。一度拝観して夢殿を降り、屋根に輝くうつくしい宝珠を眺めてその場の空気を呼吸した。そして人がいなくなった夢殿にもう一度昇り、また救世観音に向き合った。
 その時覚えた感情というのは自分でも少し意外なものだった。救世観音像が、聖徳太子そのものにリアルに感じられ、そしてそれに相対する自分は兄を慕う弟の感情になっていたのだ。そういう感情になることは予想だにしていなかった。来米皇子の影響だろうか。
 来てよかったな。ほんとうによかったな、としんから想った。

 宿を引き払うと今度はJRで桜井に向かった。そこからレンタカーを借りて御所(ごせ)の日本武尊陵に寄りつつ、天河に向かう。
 たいへん分かりやすい道ですいすいと走る。GWなのに人があまり行かないところばかりすきまをぬって訪れているのであまり渋滞知らず。と思ったら日本武尊陵のごく近くで珍しく少々車が詰まった。
 前方には日本武尊陵が背にしている国見山がもう見えている。名前がいい。このあたりの景色も、なんだかここに眠るならそれはいいかもしれないと思わせるような穏やかな緑あふれる光景だった。
 
 日本武尊陵は小さな看板が出ていたがその入り口が分からなかった。ぐるりと一度坂を下りると遠くに看板を見つけてそこまで行ってそこに車を止めた。確かに「日本武尊御陵→」とかいてある。
 そこからあぜ道のような小花咲き乱れる小道をゆくと、そこで道は消えてしまった。Kさんがめざとく向こうに石の柵のようなものを見つける。そこへ行く道、というのはない。けもの道のようなところを草を踏み分け進むことになった。相変わらず蜘蛛にへっぴり腰になるワタシ。クモの巣を払うKさんが10人力の四天王のように見えた。
 
 たどりついてみると、整備された道はどうも反対側に入り口があったようで、わたしたちが車を止めた看板を一瞬うらむ。だがそれもすぐ忘れて第3番目の日本武尊陵にやって来たことに感慨を覚えた。
 三重県の能褒野陵は2000年の伊勢行の帰りにすでに寄っていた。その後、御陵は3つあることが分かったが、その全てにこんなに早く来れるとは思っていなかったのだ。
 能褒野で亡くなった日本武尊は八尋白智鳥(両手をひろげた状態が一尋)となって大和のここ琴引原(現在の御所市大字富田)の地に舞い降りる。そこに御陵をまたひとつ作り、そこから飛び立って最後に舞い降りた河内の古市にさらにあの巨大な御陵を作ったということになっている。そして古市から日本武尊は何処と知れず天翔けて天へと昇っていった。
 しかし、ここは来米皇子陵とはまた違うけれどももの寂しいもののある御陵だった。古市と違って忘れられている乾きを覚えた。いつもは水だけを手向けるのだが、あまりにも気の毒になって持っていた菓子も供え、そして奉納舞を納めた。
 
 史実というのはこの際あまり気にしない。大事なのはここが日本武尊の御陵であると定められて、皆の意識の中にそう生きていることで、そうなるとそこにそのエネルギーはよらせられるという事実があるからだ。
 日本武尊が実際にひとりの人間として肉体を持って生きていたかどうか、ということも実はどちらでもいいといえばいい。その意志やこころのようなものはたとえ誰かが思いついて作ったと言われてもそこにたしかな霊体がなければこれほどに今にいたるまで伝わりつづけることはないと思うからだ。
 肉体を持たずに存在している存在の方がジツはあまたあるワケで、それは肉体を持って生きる人々に大きな影響をおよぼしていたりする。彼の尊がこれだけ生き生きと日本人を引きつけ、今も大事にされているのは、尊の精神のエキス(霊体)とでもいうものが実際になければかなわない仕業だと思えるのだ。
 
 わたしには日本武尊は、日本人が日本に目をむけるために現れた『日本の意志』だとも思える。だから日本という名がついている。日本っていう大きな霊体(もしくはもっと大きな霊体)が関与しているかもしれない。ちっぽけなひとりの人間が思いつくものには様々なそういうものが関わっているのだと思う。
 日本武尊はものすごく広範囲に日本各地に足跡を残している。それを地図の上で目で追うだけでおのずと日本というのを意識させられる。
 そして大事なのは、日本人が大事な役割を果たすための大きな教訓を残していることだ。
 なぜなら、日本というのは想像以上にこれからの世界にとってのキーなのかもしれないからだ。
 そういう予感はトリハダをたたせる。
 倭姫が日本武尊に忠告したとされる言葉「慎め莫怠りそ(慎んでゆめゆめ怠るな)」
 それはそのまますべての日本人、もしくは地球人にむけた言葉でもある。
 
 日本武尊は思い上がったばっかりに海の神を怒らせていとしい弟橘姫命を失い、そしてやはり思い上がったばかりに山の神を怒らせて自分もいのちを落としてしまった。
 思い上がることは失うものは大きく、事を為せない。
 彼はこの大事なことを伝えるために古事記、日本書紀に現れた。
 それは大いなるところからの意志でなくてなんなのだろう。

 わたしはずっと日本武尊を気にしてきて、途中から聖徳太子もものすごく気になってきた。
 ある時、それが日本というもののある2本の柱であると感じたことがある。
  『和』と『武』
 それぞれが日本のそのパートを象徴していて、そのどちらも欠けてはいけないような。両輪。
 人には二面性があるように、穏やかで思慮深い面とパワフルで猛々しい面と。でも、それでもずっとふたりを別々にとらえてきた。しかし今回、何かがわたしの深くに響いた。『兄弟』というキーワード。
 たましいの役割でとらえるなら、そうであってもいいのかもしれない。

To be continued・・・
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-02-27 23:51 | 紀行文

大和・みたまの水脈をたどる旅*1

                              2004.4.30〜5.4

 2000年という「はじまりのうねりがはじまる」というそのご開帳の年に、ご他聞にもれずわたしのところにもやってきた信号が“日本武尊”だった。その時から、わたしの違った旅が始まった。
 筑波山から始まって伊勢、熱田、出雲、富士山、成田、松戸、東京、秩父、奈良、はてはメキシコまで、そのたったひとつのキーワードのためにまるであらかたのココロも金銭も時もあったような3年ばかり。そして、そのある集約地点のような今度の旅。
 それに行ってこれたことに今、大きな安堵を覚えている。長年の宿題をひとつ終えたような・・。いったいそれがなんなのか、うまく伝えるすべはまだ持たないかもしれないが、
 はじまりはじまり〜・・。

 ひとが、生まれる前にその肉体に宿ってどう生きようか、と決めてくる、という話がある。わたしは自分が決めてきたことが何か、よく分かった。この4年の旅の中で。
 だからここに来たし、このひとであることを選んでいる。
 なおかつ、それをすることを幼い頃からおそれていた。逃げられるものなら逃げようと、実際逃げつづけてきた。
「ああ、そうだった。また忘れていた。こんなにも自分が自分に呼び掛けているのに、すまなかった・・。」
 自分の、深くとるならば自分に対する切なる愛情が身にしみる。自分がこんなにも自分を本当の意味で愛していることを実感し出している。それと反比例して自分が自分をないがしろにしてきたことにむねつまる。
 ほんとうに自分を愛するっていうのは、自分が決めてきたことを自分にさせてやることだ。
 それは自分を慰めたり、自分が傷を負わないよう守ったりすることではなくて。
 
 大阪行き夜行バスでなんば駅に降り立って、電車で3つ。天王寺駅。
 ここには聖徳太子が建立した日本初の大寺、四天王寺がある。
 今、一者(あらゆる存在の根源的実在。一なる者。神仏。)への道を仏教から学ぶという御仏縁をいただいているが、その日本仏教の祖といえる聖徳太子は、わたしには日本武尊をめぐる旅の流れの中で強烈に印象に残ったお方だった。
 以前奈良に赴いた折、飛鳥の橘寺というところに寄ったことがある。そこは太子が生まれたところで、その跡に寺が建立され、そこで太子が天皇にお経を講議なさったという伝承が伝わっている。
 
 そこには太子が16才くらいの孝養像があった。本堂に入った時、その『空間』の“ひろさ”、“濃さ”にマッタク驚いたのだが、宇宙的でこれはいったいなんなんだろうと浸りながら奥に行くとそこがその空間の発信源だった。しんしんとしみてくるその気のただなかにいて、それがなんと表現できるものかに気がついた時にがくぜんと打たれた。ひとことでいうなら、それは『和』のエネルギーと表現するしかなかったのだ。
 宇宙的と思えたのはそれは実は太子のいう『和』の精神だった。
 この像を仏師がつくる時、聖徳太子を強く想いながらつくったことだろう。聖徳太子を想うということはイコールこの精神(エネルギー)を想うことでそこにはおのずとこの世界があらわれるよりない。刻まれることで、そのいのち(エネルギー)はそこに有り続ける。それとそこにそのよりしろがあることで、太子にゆかりの深いこの地にそのエネルギーはその発信元からさんさんと今も親密に降り続けるともいえるのかもしれない。その像は「和をもって貴しとなす」のまさに権化、だった。
 それが伝える『和』というのはただほんわかとしたふわふわしたものではなかった。
 それは意外にも強大なゆるぎないもので、圧倒的な強さ、だった。
 それは宇宙的な大きさ。
 まったくまったくオドロイタ。
 まさに21世紀型の21世紀にふさわしいマスターが日本には1400年前にすでに出現していた。
 法隆寺が日本最古の木造寺の遺産でありながらあんなに新しく宇宙的なのは『未来』の寺だからなのかもしれない、と橘寺に行って思ったのだ。だからそれからずっとわたしの中に聖徳太子は大きくいらせられる。

 四天王寺は暮らしの中に新しく息づいていた。
 あまり知識なく金堂に入って、建物の外見とギャップを感じさせられるようなその内部の深みに軽く新鮮なショックを受けた。なんという救世観音。このような端正なそれでいてしっくりと深い観音様はそうはいない。うっとりと拝んだ。三指に入る。そう思える観音様に出会えることの喜び。
 まわりを囲む壁面の絵画も観音様と釣り合ってよくお似合いだった。そうは古くなさそうな筆致だった。やはり端正で深い。まるで上等のビロードの上を歩いて、上等の赤ワインでもいただいたような余韻が漂った。
 講堂に入ると巨大な十一面観世音菩薩像。強い気をはなつ。
 そのとなりに阿弥陀如来像。これもはなはだ強い気をはなつ。わたしが今まで見た阿弥陀様の中ではよいお顔をされている。あとでこの像が大仏師の松下朋琳・宗琳親子作と知ってあらためて感心した。
時間がおしているのでもどる。途中あまりの暑さに「冷やしあめ」というのを飲む。思いのほかさっぱりと生姜風味で、暑さや疲れを払ってくれた。

 次に向かうのは古市の日本武尊陵。近鉄で20分ほど。昼になっていた。
 通りすがりの中華料理店で腹ごしらえしてから歩きだした。道端の石塔に示されたいい感じの石畳の横道に入る。気持ちのいい小道。古墳の多いここらあたりは地図や表示が整備されて町起こしされている。
 新緑のかたまりが見えてきた。まるで3Dのようにこちらに迫ってくる迫力のある生命力あふるる緑。日本武尊陵である。大きな堀に囲まれて、三重県の能褒野(のぼの)陵よりもさらに立派な様子だ。
 
 お堀を廻り込んで、ぐるっと回り道して鳥居のある拝所に向かう途中、地元の祭りの山車に出会った。まだ新しい木の色をした大変凝ったつくりの山車で、若衆が取り巻いていた。
 このあたりは『麻』さんと『塩野』さんの表札ばかり。古くから根づいた代々の家の多いところなんだろう。歴史を感じさせられる。
 拝所に着いて帽子をとると万感こめて参拝した。
 秩父の今宮神社の御神木を触らせていただいた時のような、きらきらとした光がいくつかまたたいた。もう少し交信していたかったが後ろに人の足音を聞いてしりぞいた。
 声がした。「好きやねえ(あんたも)。」
 30代くらいの目の大きな恰幅のいい男性と、その人に“師匠”と呼ばれる60代くらいの関西弁の男性が笑っていた。同好の士の気配を感じてこちらも笑った。
 その30代の男性は自分の子供に武尊(たける)と名付けるくらいの古代史好きらしく、同じく歴史マニアの“師匠”と歴史ドライブにきたそうだ。
 大和の方へ行く予定、らしいがあまり計画的でない歴史行で、日本武尊陵に寄ったのも武尊のパパが急に車の中で思いついて寄ったとのことだった。なのでわたしたちの行く叡福寺まで車で送ってくれることになった。
 
 直前のTVで古市の御陵を見て急きょここも予定に入れたのだが、その番組では日本武尊は聖徳太子の弟の来米皇子がモデルであるという説を出していて、それにはわたしは説明はしにくいがすとんと来るものを感じていた。来米皇子の御陵もこのあたりらしいがそこまでは調べてこなかった。「来米皇子陵はこのへんですか?」とちょっと口にしてみると、ふたりは喜んで連れて行ってくれた。
 実は内心、この大事な行程によけいなことを入れたかとふたりの同行に若干のほろ苦さを感じていたのだが、この来米皇子陵に来てそれは払拭された。
 そこはキラキラとした美しい日本武尊陵とは打って変わってどんよりと停滞した寂し気なところだった。
「あ、」と別の意味で打たれて、同行したKさんとこころをこめて参拝させていただいた。終わるとそこはこころなしかかろやかにあたまをもたげるような空間に変化していた。感動があった。
「ここへ来るために出会ったんだね。」Kさんとうなずきあった。
 それから本来は隣の駅からバスで行くところの聖徳太子の御廟のある叡福寺に向かう。やはり時間がおしてきていたので実際助かる。

 車で着いた叡福寺は、想像していた通りのところだった。
 ここは何かをお願いするところではなく、何かをすることを決めた人がその覚悟を報告しにくるところだとどこかで知った。だからこそ来たのだが、着いてみてまたしても後悔のあたまがよみがえってきた。
(やっぱり時間がかかっても楽をしないで気を散らさないで来るべきだった・・。)
 自分の意志の弱さを逆にまざまざとさらしにきたようだった。 連れてきてくれたふたりには申し訳ないという罪悪感もほろ苦く感じながら、前へ進む。
 高野山の弘法大師の御廟を訪うた時のような厳粛な空気を感じた。
 足が前に出ないような強い気。
 参拝した時に何を報告したのか実は今よく覚えていない。
 ただ、その後しばらくたって何か感じた。
 あのふたりは参拝のさわりになどならず、むしろやはり意味ある他生の縁だったのだ、と。聖徳太子はそういうことを咎めるのではなく、もっと違うわたしの深みをまっすぐに見ておられる。未来をみておられる。
 そういうかすかな感触が、自分の内面の“和”というような深みに向かって小石を投げられたように波紋のようにかすかにさざなみを立てて響き、
そしてそれはやがて鎮まっていった。
 このお寺は他の寺とは違っていた。いってみれば寺の中の寺。
 ベスト・オブ・テラ。キング・オブ・テラ。
 仏縁が出来てそれが深まってゆくなら一度は訪れたい場所である。

To be continued・・・
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-02-25 23:34 | 紀行文

Summer weeds & winter trees

 気がついたらおなかがすいたので、チチュは思いきり鳴いた。
 そうしたらその大きく開けた口にだれかがやわらかくておいしいものを入れてくれた。ずっとチチュをあたためていてくれたふたりだった。そうして交代でおなかが落ち着くものを運んでくれた。
 ふたりがチチュを呼ぶとき「チチュ」というので、チチュは自分がチチュなんだとわかった。
 チチュのほかにそこにはチチュとおなじくらいの大きさのがふたりいた。
 ひとりは「チュ」で、もうひとりは「チュチュ」。
 チチュが初めて目をひらいた時、世界はまぶしくてチチュはくらくらした。ようやく少し慣れて目を細めてみると、チチュのいるところから下の方は一面みどり色だった。
 それは風がくるたびに光り、ざわざわととてもやすらぐ音をたてた。
 あの、あったかくて大きなふたりの胸の音のように、チチュはその音にうっとりとした。
 目が慣れてくると、青い青い空間に夢のような白いかたまりが浮いているのが見えてきた。それは刻々と姿を変え、一時も同じ形をしていなかった。
 チチュがそこにそうしている時、ひとつもたいくつでないのはそのせいだ。
 青いと思っていると、その空間はみるみる色を変えにわかに暗くなり、白かったやわらかそうなあのかたまりはどす黒い湿った重たいものになり、たちまち上の方から透き通った滴が落ちてくる。
 頭の上から時折ぽつんと自分にあたってははじけるそれも、チチュには冷たくてきれいで不思議で驚かされる。
 なんてところだろう!
 なんてたいくつしないところだろう!
 気がついたらここにいた。
 このきらめいてながれていく透明なもののように、始まりがどこだかわからないところから降ってきたのだろうか?チチュも。
 そんな風にはことばにはならないが、そんなようなこころで半分閉じかかった目で遠い
ところをぼんやりみつめていた。
 うつくしくはあるが、ふくふくした羽根をすべっていく水滴は生まれて間もないチチュたちのささやかなぬくもりをぬぐいさろうともする。
 それに対抗するようにわずかなともしびを消すまいとするかのように小さなからだは知らず知らず小刻みにふるえ始めた。内側からいのちを発電するかのようなささやかな営みを尽しながらけなげにじっと耐える。
 毛玉のようなみっつの小さなかたまりが身を寄せあってふるえているところへ、やっと待ち望んだ大きなふたりが帰ってきた。
 いつもの「おみやげ」を口いっぱいにほうばってふたりのおなかの羽毛の下におさまってしばらくすると、ふるえはとまり、大きいふたりのぬくもりはやがてしんからチチュたちをあたためていった。
 そうして吸い込まれるように生まれる前のどこかへとチチュは眠り込んでいった。

 風がふいている。ほおをなでる風はひそやかでやさしい。
 あたたかい日だ。
 たくさんの声がきこえる。
 チチッチッチッ。リュリールリルリル。
 ヒュイーヨッ。 ヒュイーヨッ。
 ヨロコビのこもった声だ。
 青一色のあの空間が澄み切って白いかたまりが光っている。
 世界はあかるくて、すがやかだ。すべてのものがほほえんでいるようだ。
 チチュもワケもなくうれしくて羽根をふくらませた。すると地肌に風が通ってますますうれしくなってブルブルッと身震いした。
 風がチチュたちの上の緑色の重なりあうひさしをずらすごとにキラリッキラリッとまばゆい光が目にまぶしい。
 緑色一面にみえたものが一枚一枚別々に風にそよいでいるのに気がついた。 
 そしておもてとうらと別々のいろをしていてひるがえると光るのがすばらしかった。

 To be continued・・・
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-02-25 22:37 | story

マゼランの空

電線の向こう
甍のかなた

タイフーンの残した
マゼランの空

成層圏のような
金の味がして
どこでもないここは
何番地抜け落ちる

惑星の子

呼ぶ声がする
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-02-10 18:23 |

Great light

Once upon a time, there was a great light.
One day there came a big bang to it,
which bare numerous children of darkness and those of light
Promises are theirs to return to the mother light someday
Against the lights, the children of darkness gave a fight
And one another they did ignite
Darkness launched a rocket
and sent everyone back to the mother light

Thank you darkness.
Thank you light.
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-02-09 22:00 |

月にきく


わたしだったら
月にききます

そのとりはそういって目を閉じました。

どうしたら世界はしあわせになりますか?
ときいてみたのです

南天のような目を閉じたまま
とりはいいました
    
いちど
しずかになってきいてごらんなさい

月の光がきけたなら
どこにふしあわせがうまれるでしょう

なんだかわからないけれど
しんとしました

とりは月のように気高く
りんとりこうでした
   
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-02-09 21:38 |

守り手

りん
てぃん

ひかりが降る

いとおしげに天をささえる樹木の柱からこぼれおちて

闇に慣れたひとの目を
いたわるように天を覆う

白雪をまとう黒い木肌は
しっくりと深い色を宿す

なんの物音もない

ひかりがこぼれる

そのただ、りんと、しんとした色

あそこにあるあのひかりに、手をのばしてみるのだけれど
そっと、しずかに、
さえぎられた

「きみの瞳ではうけとめきれない。」
「もっと大きくなってからおいで。」

それだのにあふれておちるひかりの粒

はやくとどけといわんばかりに
[PR]
# by ben-chicchan | 2005-02-09 19:22 |